チャーター便・緊急便の使いどころ

学生さんの引越し

赤帽でおなじみのチャーター便は小規模な引越しにも利用できます。

毎年四月は別れと出会いに溢れた季節で、日本中で数え切れないほど切ないお別れと 興奮に身をゆだねてしまうのを止められない期待度100%の出会いがあります。 人との別れは悲しいのでハンカチで涙をそっと拭くシーンが岐阜県や愛知県や静岡県、 三重県や長野県で咲く桜の木の下でこの時期は毎日のように見られるでしょう。 しかし新天地での出会いも多いのでそう悲しむことはありません。 それまで住んでいた土地を離れて引越し先で恋の予感を感じることは漫画やアニメや ドラマの中だけでなく現実として起こりやすいので、運送会社が大繁盛する4月の 引越しシーズンは一人暮らしを始める大学生や浪人生の心もウキウキになります。 家族揃って新居の建売住宅や注文住宅へ引っ越すのなら引越しのサカイやアート引越し センターにたくさんの家具、タンスやテレビ、食器棚や寝具を丁寧に運送してもらって 新生活の幕開けとなりますが、学生の一人暮らし程度なら家財道具や着替え、勉強机 をわざわざ引越し業者に依頼してもらう必要はないでしょう。 男女関係なく単身での引越しなら荷物もたかが知れているでしょうし、少量ならば 軽貨物運送をしている業者に頼んでパッと運んでしまったほうが料金も安く済ます ことが出来るのでお得なのです。 4月の入学式までに学校の近くで一人暮らしを始める、そんな方がマンションや アパートに持ち込む荷物は参考書、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、パソコン、布団、椅子、 勉強机、エアコン、鍋、コップ、クッション、お茶碗、ハンガー、花瓶、掛け時計、 ぬいぐるみ、ヤカン、ギター、食器棚、原付バイク、フィギュア、ドライヤー、櫛、 ヘルメット、掃除機、釣竿なんかが考えられます。 多趣味の学生さんならミシンやキーボード、バトミントンのラケットやピンポン玉、 登山用のシューズやボードの板なんかも持って行くことがありますが、それでも家族 での引越しに比べると半分にも満たない量にしかなりません。 ファミリーでの引越しなら何部屋分もの家具に何人分もの生活用品が対象になりますが これから一人暮らしだ、という学生さんなら1人分のお洋服、下着の数だって7枚も あれば充分ですし歯ブラシも1つ+予備の2つあれば大満足です。 家具類も一部屋分、せいぜい2部屋分なので軽トラックでも余裕で積載できるでしょう。 質素な生活が好きな人ならダンボール3箱に全てを詰め込んで、必要になったらその 都度コンビニや100円ショップで欲しいアイテムを探して購入すればいいですし、 単身での引越しならチャーター便を扱っている軽貨物運送業者のほうが手軽で低料金 なプランがあるので、本格的なプロの引越し業者にお願いするまでもありません。 近距離だから自力で運べる、親の乗用車を借りて数往復すればお終いかな、程度の量 なら全てを身内の協力や友人に手伝ってもらえばいいでしょうが、そんなに近場なら あえて1人暮らしをすることもないですし、県内の隣の隣の市位の距離を想定した場合 の話になりますが、軽貨物運送会社の引越しプランは本当にお得なのです。 簡単な引越しだけど乗用車では1回で終わらない、1日で終わらすには外部の協力 が不可欠だ、入居先はワンルームだから多くを持ち込むつもりはない、学生寮に入る から大きな家具は不必要だ、といった場合に専門の引越し業者に依頼するのはもったい ないですし、規模的にも軽貨物の引越しプランがピッタリです。 新たな旅立ちに備えて準備に忙しい時期だからこそ、料金も安くて短時間に完了可能 なこの方法は正しい選択といえるのです。 近所に挨拶回りをしたりアルバイトを探したり、周辺にはコンビニがどこらへんにある のか探し回ったり、最寄の自動販売機やコインランドリーの位置を確認したり、 いい食材を販売しているスーパーを探し当てたり、夕焼けや夜景の美しいスポットを 発見してみたり、近場のインターネットカフェや漫画喫茶の料金を確認してみたり、 その地域のおいしいラーメン屋のクチコミ情報を収集してみたり、新天地でやることは いくらでもあるでしょう。 なので引越しに手間取っている時間なんかはないのです、さっさとお手軽に済ませる ことが肝心なのです。