チャーター便・緊急便の使いどころ

チャーター便

チャーター便(スポット便)はあなたのピンチを救ってくれます。

運送会社や軽貨物運送業の方に依頼すれば、大急ぎで届けたい荷物をチャーター便で 全国どこにでも速やかに運搬してもらえます。 納品日を勘違いしていて急遽配送の手配をするはめになった荷物、どうしても今日中 に渡さなければならなくなった急ぎの書類、そうしたものは稀に発生して関係者を 慌てふためかせることは経験から皆さんも知っているでしょう。 そんな非常事態に頼れるのが運送会社のチャーター便です。 普通に宅急便で届けるよりも割高になりますが最短の時間で荷物をお望みの場所まで 配達してもらえるので、緊急の場合にはとっても助かります。 クロネコヤマトや佐川急便のような宅急便ですと営業所や集荷所に届けてもらいたい 荷物を持ち込んで、そこから他の荷物と一緒にまとめて運送するので最短時間での お届けにはまずなりません。 料金は安いのですがそれは荷物専属の車両とドライバーで運搬するわけではないからで、 トラック単位での運送になるから数百円~1,000円でも依頼できるのです。 チャーター便はその依頼のためだけに動くので数千円~数万円の料金になりますが、 届けたい荷物に相応しい方法で考えられる最短時間でのお届けになります。 トラックや軽トラに荷物を載せて運んでもらうというよりも、運びたい荷物があるから 車両とドライバーを用意する、これがチャーター便・緊急便と呼ばれるものです。 ガラス製品で壊れやすいからトラックや乗用車ではなく手で持ち運んで欲しい、 そんな依頼ならハンドキャリーで電車やバスを使って目的地まで運んでもらえますし、 全てが荷物優先でコトは進んでいきます。 トラックの荷台に載せて運送するほどのサイズでもないし渋滞に巻き込まれる危険が 高確率でありそうなら、狭い路地でもぶつかる心配もなく安全に走行できて小回りも きく二輪車(バイク)でお届けする方法だってあります。 何も知らない人がチャーター便と聞くと、「えっ、空路を飛行機やヘリコプターで 飛んでくるの?」と驚いたり、「それって貸切だよね、運送費が凄く高そうな予感 がするけど大丈夫なの?」と心配になるかもしれませんが、トラックやバイクでの 緊急便やチャーター便を利用している企業は意外と多いようです。 取引先に納品した品がこちらの手配ミスで注文の品と違っていた、今日中に届けないと 迷惑をかけてしまうのでなんとかせねば、なんて場合は翌日以降に他の荷物のついでに 一緒に届ければ運送費もさほどかからないとしても、こちらの信用に関わるので多少 割高な料金を支払わなければならなくても緊急便を利用します。 社内に手の空いている従業員がいて注文の品を運べる車があれば運送会社に電話して 手配してもらう必要はありませんが、そんなに都合よくコトは運びません。 みんな忙しいでしょうし社内で解決しようとすると、あとでどこかに皺寄せがきます。 なので業種によってはチャーター便を頻繁に利用することは珍しくないのです。 宅配便やいつもの配送よりも料金が高いといっても近距離なら数千円です。 料金設定はだいたいどこの運送会社でも距離によって決められますが、ドライバーと 車両を貸切にすることを考慮するとそんなに高くはありません。 なにより荷造りが完了する時間に荷物を引き取りにきてもらえ、渡したらそのまま 届け先まで最短のコースで走行してもらえるので、依頼する側としても「やれるだけの ことはやった、手は尽くした。これより早く荷物を届ける方法はこの世に存在しない。 現実的にこれが最良の策だしきっと相手もわかってくれるだろう。」と見送れるので、 間違った対処をしたかな?と後悔する可能性はほぼ0です。 チャーター便という名前も急いでるからすごく特別なことをしている気がしますし、 ハンドキャリーで新幹線や飛行機に乗ってお届けでもしたら、相手も恐縮しかねない 破壊力があるかもしれません。 一度くらいは自分もチャーター便で荷物を受け取りたい、そんなことを考えている人は 結構身近にも多いのです。